前へ
次へ

肝斑治療は皮膚科で行いましょう

通常のシミ治療をしても全然改善されない場合、肝斑の可能性があります。
肝斑はホルモンバランスが原因で起こるシミで30~40代の女性に多く発生します。
普通のシミと見た目が似ていますが、消えにくく厄介なのが特徴です。
悩んでいる場合は皮膚科で肝斑治療してください。
肝斑は頬骨に沿って左右対称に現れます。
普通のシミと違って一定の規則性があります。
原因となる女性ホルモンが崩れることでメラニン色素のコントロールが効かなくなります。
そのため、メラニン色素が過剰分泌されて色素沈着を起こします。
肝斑治療の内服薬としてトランシーノがあります。
メラニンの過剰分泌を阻害するためシミを薄くすることができます。
この薬は肝斑への効果であり、普通のシミには効果がありません。
普通のシミですとトレチノイン・ハイドロキノンの薬が用いられます。
肌の新陳代謝を高めるとともに漂白作用があります。
この際、保険適用の対象外となりますので注意しましょう。

Page Top